安心塗装.com
protimes

川口南店 アステック認定施工店

お電話でのお問い合わせは0120-125-370

24時間受付 メールでのお問い合わせ

安心塗装.comトップページ > 安心塗装コラム

安心塗装コラム

塗装やリフォームに関する気になる情報や役立つ情報をご紹介しております

シーリングが劣化すると家の耐水性が落ちる?

外壁塗装のうち、壁材の角、壁タイルどうしの隙間の目地の表面はシール材で隙間を埋めています。これは地震による建物の揺れ、気温差による壁材の膨張、伸縮で隙間が動き、その動きに追随でき、かつ丈夫な材料が必要となるからです。ここで多くの場合シーリング材料が使われます。この部分が劣化すると水漏れが発生します。

シーリングってそもそもなあに?

建物の外壁は地震の揺れや気温の変化により膨張伸縮または変形をします。そのときに外壁材が膨張伸縮、変形に対して追随しないと多くの部分でひび割れが発生し、外壁材そのものの破壊破損につながります。そのために外壁材などにはその材料と材料の間に目地という隙間を造り、その隙間で膨張伸縮や変形の力を逃がしてやらなければなりません。動く隙間を密着させ埋めるための丈夫で柔らかい材料をシーリング材と言い、その目地を埋める作業をシーリングといいます。
目地はこの作業をすることで外部から水の侵入を防ぎます。これにより建物内部への水漏れや壁の劣化、腐食を防止し、建物が傷むのを防止させることができます。
この作業は建物の劣化を防止するためになくてはならない作業となっています。

シーリングが劣化しているかどうかはどうやって判断する?

まず建物の外壁においてシーリングが施されている箇所を確認します。これはタイル材料同士の目地や角部分など外部からの風雨の浸入を防ぐため一番外側の目に見える部分に施されているものが多いので目視で確認できる箇所が多いです。
シーリングが劣化している箇所は、壁材料との密着部分に隙間が発生していたり、端部からはがれおちていたりするため目視で割と簡単に確認ができます。また指で触ってみることができれば、通常は指で押すと凹む位の柔らかさがありますが、それがないくらい固くなっていたり、材料自体にひび割れが発生していたら要注意です。
壁材料との隙間や端部のはがれ、材料自体に発生したひび割れなどが即内部への水の侵入や劣化とは判断しきれないところもありますが、それを放置しておくと壁材料内部も浸食され、大きな修繕が必要となってしまいます。

シーリングってどうして劣化するの?

シーリングの劣化の理由は、外部から受ける振動や材料の伸縮の繰り返しにより、壁材料との付着が切れたりすることや、常に外気に曝される場所に施されることが多いので酸性雨、排気ガス、紫外線などの影響により材料自体の劣化が起こってしまうことがあげられます。また基の材料である壁材などとの付着が大きく影響するので施工時のベースの壁材の下地処理の施工の悪さも原因となります。
とくに一番外部に位置し、様々な建物の動きを吸収する役目を果たす目地は傷みがそこに集中し傷みやすい個所でもあります。また壁材料などの主構造が直接傷まず目地があることによって保護されているところもあります。
この箇所の傷みはまず容易に発見できるので、早めの対処で内部への影響を最小限にとどめるのことが重要です。

正しい情報はリフォームを成功に導きます

もっとコラムを見る

正しい情報はリフォームを成功に導きます