安心塗装.com
protimes

川口南店 アステック認定施工店

お電話でのお問い合わせは0120-125-370

24時間受付 メールでのお問い合わせ

安心塗装.comトップページ > 安心塗装コラム

安心塗装コラム

塗装やリフォームに関する気になる情報や役立つ情報をご紹介しております

日光がよくあたる場所だけど大丈夫?

外壁塗装したいけど、どの塗料が良いか悪いかなんてなかなか決められませんよね?そこで南向きなど日当たりが良い場所と言う条件の壁の塗料にはどんな塗料を選択するべきか考察していきます。塗料なんてどれでも良いという考えでは損をしてしまうかもしれません。

とても日当たりがいいんだけど大丈夫?

立地や隣近所との距離・方向などによって日当たりの良過ぎる壁ってありますよね?
窓には気を使ったけど外壁の塗料にまで気が回らなくて、耐用年数前だけど劣化が激しくて外壁塗装を依頼するケースも増加傾向にあります。
実は塗料を遮熱性や断熱性の高い物にするだけで室内の温度上昇を抑える役割を担ってくれるのです。塗料だけでそんなに変わらないと思っている貴方!今使っている塗料は何を使っていますか?夏場の室内温度で言うと通常の塗料よりも3?5度も違いが出ますし、断熱で冬場の室内の温かさも逃がさないのでエアコンや暖房の節約になります。機能性が高い塗料は通常の塗料よりもコストが高くなりますが長い期間で見て見るとお得な事が判ります。

日光にあたると外壁ってもろくなりやすいの?

日光に含まれる紫外線が劣化に繋がりますが、日光の熱もかなりの曲者です。
外壁塗装は中の外壁のモルタルを保護する形になりますが紫外線や経年劣化によって外壁にひび割れが起き、そこに雨水が入り込むとカビや藻が生えて雨漏りなどの原因やちょっとした地震などで崩壊する恐れまであります。日当たりの悪い場所では注意する人もいますが、日当たりが良い場所でも劣化によるひび割れ・亀裂に注意する必要があります。
通常日光がよく当たる屋根には耐久性の高いフッ素塗料が使われていますが、壁はコストが安いシリコン塗料が多く使われています。耐用年数の少ないアクリルやウレタン塗料は使用されないケースが多くなっており耐用年数とコスト面で優秀なシリコン塗装が主流ですが、日光が当たる壁には屋根と同じフッ素塗料がお勧めです。

外壁塗装をお願いするにあたっての注意ってある?

業者に外壁塗装を依頼する際に注意する点として提案力があるかどうかがキーポイントになります。
日当たりの良さや悪さ・塗料の機能性に関する提案(遮熱・断熱・防音など)・隣近所への心配りが挙げられ、塗料の匂いや飛び散りについての説明や対応などをキチンとしているかが重要になります。
見積もりに関しても明朗会計であるかどうかもポイントで何か良く判らない費用が計上されていたら問い合わせるのも大事です。
色見本を確認する際には小さい色見本では判り難いので、出来るだけ大きな色見本や実際に塗料を塗り替えた家を見学させてもらうと良いです。
藻がついている・ひび割れしている部分の補修についてもキチンと対応してくれる業者を選択すると良いですね。

正しい情報はリフォームを成功に導きます

もっとコラムを見る

正しい情報はリフォームを成功に導きます