安心塗装.com
protimes

川口南店 アステック認定施工店

お電話でのお見積り・お問い合せは0120-125-370

24時間受付 メールでのお問い合わせ

安心塗装.comトップページ > お客様リアルアンケート調査

お客様リアルアンケート調査

お客様からのリアルなアンケートをもとに結果をグラフ化し、情報をまとめました。
実際に外壁・屋根塗装を依頼したときの築年数は?
築何年で外壁や屋根の塗り替えをした?

紫外線や経年劣化で家だって少しずつアチコチ傷んだりしますよね。
特に雨風に晒される外壁や屋根は劣化しやすい代表格と言われています。
一度ひび割れなどで傷むとリカバリーするのに非常にコストも時間もかかりますが、傷む前に塗装を塗り替えているのか家を所有している全国の老若男女から実際に塗り替えた築年数についてアンケートを取りました

【質問】実際に外壁・屋根塗装を依頼したときの築年数は?
目に見えるひび割れや雨漏りなどが目安

このくらいが平均的だといわれているので、とりあえずこのくらいです。
(30代/女性/会社員)

10年を越えると段々と家も痛みはじめてくるので、20年は持たないと思い15年目で行った。
(30代/男性/会社員)

10年くらい経つと、大分外壁の汚れが目立ってきます。外壁の色を変えるとまた雰囲気も変わるので築15年で色も変えて塗り替えました。
(40代/女性/パートアルバイト)

木造の家で、壁が雨ざらしで禿げてきて、そのままほったらかしておくと塗装だけではなく、板の部分まで損傷してしまうからです。
(50代/女性/専業主婦)

10年を目安に検討している回答が多く、ハウスメーカーや工務店などのアドバイスや働きかけで依頼するケースも目立っていました。

0年経過した時点で傷み始めた事を確認しつつも実際に塗り替えをしているのは5年後の15年と言う回答も多く伺え、資金面が影響しているようです。

実際に目で見て素人でも限界だと感じて依頼するケースも多く、10年を節目と意識している意見が多数を占めました。

意外と丈夫?検討から実行までが長い

アンケートの結果、10~15年に次いで21年以上が27%、16~20年が26%、10年未満が10%の順になりました。

家を建てる時に防水加工をしておいたので、耐久性があったので工事するまで長く持ちました
(30代/男性/自営業(個人事業主))

雨漏り等もあり塗装を依頼したのは築25年目でした。大掛かりな作業になるのでギリギリまで我慢しまいたが支障が出てきたので専門の業者にお願いしました。
(50代/女性/自由業・フリーランス)

見た目にボロボロになってきているので決断しました。それまでは高圧洗浄機で定期的に洗ってたのですが、やはり限度がある。
(40代/男性/会社員)

10年過ぎたころに業者の営業が訪れて、自分の家の現実に直面し、もたもたもろもろ考えて、実行に移せるのがそのくらいかな。
(40代/女性/専業主婦)

10年たつかたたないかの時に営業の人がそろそろどうですか?ときたから。
(30代/女性/専業主婦)

防水加工や高圧洗浄機で手入れを小まめに行ってきても経年劣化には勝てないらしく15年を目処に検討する回答が合わせて53%と半数以上を占める形になりました。

検討から実際に行動に移すまでに時間がかかる理由として見た目が衰えてきていると実感しても工事が大掛かりになる事や資金面での問題をクリアする為にどうしても時間が必要になるようです。

外壁塗装の目安ポイントはいつに設定?

ハウスメーカーや工務店などから10年を目安に塗り替えを勧められるケースが多いようですが、実際にひび割れや雨漏りをしないと行動に移せない回答者が多く、塗料の耐用年数については問題にしていない事が伺えます。

壁等の主な塗料であるシリコン塗料は耐用年数が約15年ですが、日当たりなどの条件によって劣化が強く現れるケースもあるので個人的な目安ポイントとして設定していないようです。早目に対処したいと思っても必要性を感じないと重い腰を上げられないのかもしれません。

アンケート実施概要
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年08月04日~2015年08月18日
■有効回答数:100サンプル