屋根塗装の目的3つ

2021/05/01 スタッフブログ

金属葺きの屋根は、定期的に塗装を行うことで、美観を向上させるだけでなく、防水性能を維持することが出来ます。
コンクリートに防水加工を施した陸屋根の場合は、その形状からどうしても雨水が溜まりやすく、定期的な塗装によるメンテナンスが必須です。

防水性の強化

特に屋根塗装に気をつけるべき屋根の形は、家屋の屋根がコンクリート製の陸屋根となっている場合です。陸屋根は僅かな傾斜だけで雨を処理するため、大雨の後などはどうしても水はけが悪く、溜まった水分が防水塗装を少しずつ傷めていきます。防水塗装の劣化は雨だけが原因ではありません。直射日光を強烈に浴びますから、熱や紫外線といった劣化要素の影響も受けます。
塗装がなくてもコンクリートならそれ自体強いのではないかと思うかもしれませんが、それは誤解です。コンクリートは塗装による保護がないと、急速に劣化します。
またコンクリートは、それ自身が弱アルカリ性であることで、内部の鉄筋のサビを防いでいます。雨は空気中の二酸化炭素が溶けて弱酸性になっています。近年は酸性雨によってより強い酸性の雨が降ります。この酸性の雨水がコンクリートに直接触れると、コンクリートの酸性化が起こり、最悪の場合、内部の鉄筋をも損傷します。

屋根を長持ちさせる

特に屋根塗装に気をつけるべき屋根の形は、家屋の屋根がコンクリート製の陸屋根となっている場合です。陸屋根は僅かな傾斜だけで雨を処理するため、大雨の後などはどうしても水はけが悪く、溜まった水分が防水塗装を少しずつ傷めていきます。防水塗装の劣化は雨だけが原因ではありません。直射日光を強烈に浴びますから、熱や紫外線といった劣化要素の影響も受けます。
塗装がなくてもコンクリートならそれ自体強いのではないかと思うかもしれませんが、それは誤解です。コンクリートは塗装による保護がないと、急速に劣化します。
またコンクリートは、それ自身が弱アルカリ性であることで、内部の鉄筋のサビを防いでいます。雨は空気中の二酸化炭素が溶けて弱酸性になっています。近年は酸性雨によってより強い酸性の雨が降ります。この酸性の雨水がコンクリートに直接触れると、コンクリートの酸性化が起こり、最悪の場合、内部の鉄筋をも損傷します。

屋根を長持ちさ

屋根を長持ちさせる

屋根塗装の重要性は、コンクリート製陸屋根だけに限りません。傾斜の強い金属葺きの屋根であっても、やはり塗装は重要です。
屋根に使用される金属は通常は亜鉛メッキ鋼鈑ですが、メッキだけでは表面保護が不十分であるほか、美観状の観点もあって、塗装を行います。
塗装が劣化して表面保護が不十分なまま放置していますと、塗装の下の屋根素材そのものを傷める危険性があります。屋根そのものを長持させるためには、屋根の定期的な塗装が必要です。
塗装にはポリエステル樹脂系の塗料を使うことが多く、海岸沿いなど塩害が見られる場所ではより耐久性が高く長持ちするフッ素樹脂系塗料を使用する場合もあります。降雪地域でもフッ素樹脂系塗料が有効で、これは、屋根に積もった雪がフッ素の円滑な表面によって滑り落ちやすくなるためです。フッ素樹脂系塗料は費用が嵩むため、あえてポリエステル系塗料を採用し、こまめに塗り替えるという選択肢もあります。

屋根の美観を保つ

屋根塗装は美観維持の上でも重要です。色褪せてところどころ剥落が見られるようになると、家屋全体が劣化しているような印象を与えます。
特に、サビが浮き始めて来ると美観の劣化が急速に進行し、あっという間に見るに耐えない家屋外観になってしまいます。こうなるともはや見た目の上での問題だけでは済まなくなります。屋根そのものの損傷、ひいては家屋本体そのものの損傷に注意する必要があります。
屋根の損傷によって家屋に雨水が侵入すると、単なる雨漏りによる不快感だけでは済まず、家屋の外壁内部や柱を腐食させる原因となります。
これは木造家屋のみならず、コンクリート造りの家屋も同様です。頑丈なコンクリート建物は、一度破損してしまうと、その補修の難しさゆえ、木造家屋以上に急速に劣化していく特性があります。住宅の性能維持の観点からも、屋根塗装は非常に重要であると言えます。