屋根塗装って必要なの?

2021/05/01 スタッフブログ

住宅の中でも特に重要な場所には屋根があります。塗料などが劣化してしまうことも多く、一定期間ごとに屋根塗装を行う方法によって、住宅を長期的に保護することもできます。この記事ではチェック内容やタイミングなどを紹介する内容があり、適切にメンテナンスを施すことを推奨しています。

屋根塗装が必要な理由

屋根には住宅によって複数の種類のものが設置されています。代表的なタイプでは瓦屋根や金属製の屋根、スレート屋根なども有名です。
特に金属製のタイプの屋根のケースでは一定期間が経過することで屋根材が劣化してしまうことが多い傾向にあります。屋根にはシーリングが施されていることが多く、屋根材の繋ぎ目や外壁との境界部分などに施工されているものですが、屋根の表面に塗られている塗料と共に、シーリング材も劣化してしまうことが一般的です。
屋根塗装に関しては屋根材の下地を保護している意味合いを含んでいることと、景観上としても綺麗な屋根を保つことによって、住宅を良好な状態に保つ役割を持っています。その結果として劣化してしまう前に、シーリングと屋根塗装を施すことが必要になります。

塗装をしないで放っておくとどうなるの?

屋根材の表面に塗られている塗料が劣化してしまった状態で、そのまま放置をしてしまった場合では、屋根材の種類によっては腐食が進んでしまったり、錆が発生してしまうこともあります。
瓦屋根の場合では割れやヒビなどが発生してしまうことも多く、長期的にメンテナンスを行っていない場合では注意が必要になります。
代表的な症例としては、塗膜が劣化することと、シーリング材の劣化によって雨漏りやスガモリの原因になる可能性を持っています。屋根裏の木材などが腐食してしまう事例も多く見られます。
目視確認として天井や壁の部分などに水のシミなどが出てしまっている状態では、屋根に何かしらの不具合が起きている可能性が高いために、できるだけ早い段階で屋根塗装を行うことによって住宅の不具合を改善させることができます。

みんな

みんな屋根塗装は行うものなの?

住宅用の塗料には種類によって耐久性というものがある程度決められていることになります。実際に販売されている塗料の数も多く、アクリル塗料からシリコン塗料など、一般的には高価な塗料の場合では耐久性が高いものと判断することもできます。
そんな中、屋根塗装に関しては必ず行うことが必要とされている一方で、中にはメンテナンスをせずに放置してしまう方も存在しています。
住宅の取り扱いによっても変わる一面を持っており、長期的にリノベーションなどをせずに住み続けることを希望しているならば、屋根塗装は非常に大切な項目として挙げることができます。
現在では施工店なども数多く見掛けることができ、高機能な塗料も各種発表されています。事前に下見を行った後に見積りを確認して、施工依頼を行うことが一般的になります。