家の壁のひび割れ

2021/05/01 スタッフブログ

憧れのマイホームを手にしたものの、月日が経つと外壁にひび割れが入ってしまうこともよくあるものです。
こうしたひび割れは、放置しておくと大変なことになってしまいます。
ひび割れの原因と塗装を行う必要性についてまとめてみました。

家の壁のひび割れはどうして起こるの?

家の外壁は、常に雨やら風やら日差しといった自然にさらされている場所になります。
そうすると、雨に打たれて塗装が剥げたり、強い日差しを受けて乾燥したりと、外壁も日々さまざまなダメージを受けることになってしまうのです。
外部分であるというのが、内装部分よりもひび割れが起きやすい理由のひとつでしょう。
また綺麗に塗装をしていても、塗料も永遠に耐久力があるわけではないので、月日が経つと共に老朽化してきます。塗料の種類によっても、防水に強いものもあればあまり耐久性のないものもあり、施工の際にどのような塗料を使うかによってもひび割れの症状の重さや頻度は変わってくるでしょう。
定期的に外壁もメンテナンスをしなければ、こうしたトラブルが発生しやすくなります。

ひび割れが起きるとどんな影響があるの?

外壁のひび割れは、建物と住居者にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
まずひびから雨水が建物の中に侵入し、柱を伝って土台へとしみ込んでいきます。柱は湿気が溜まり、土台はそのうち腐ってきてひどくなると柱を支えられなくなって家が傾いてくるのです。建具がきちんと閉まらなくなるなどの症状が出ることもあるでしょう。
また柱が湿気を含むと部屋の中に黒カビが発生します。黒カビの恐ろしさは、住居者の健康までを害する危険があることです。喘息やアトピー、アレルギーなどの症状が現れることがあるので気を付けなければなりません。
このように、ひび割れは外観だけの問題ではなく、建物の寿命や家族の健康にも大きく関係しているのです。

ひび割れが起きたらどう対処したら良い?

外壁にひび割れが生じた際には、まずひびを早くに塞ぐことが大切です。応急対処としては、ホームセンターなどで外壁用のコーティング剤を買ってきてひびを埋めましょう。
それだけではまたすぐに雨水が入ってくるので、きちんとリフォーム業者に依頼して、外壁塗装をしてもらう必要があります。塗装をし直すことでひびを塞ぐことになるのです。
ひびは放っておくと、どんどん雨水が入り家の中の柱や土台は乾くことができず、建物の老朽化が進んでしまいます。黒カビも増える一方でしょう。またひびの範囲も広くなり、余計に工事にかかる費用も時間も多くかかってしまうことになるので、ひび割れは小さなうちに手を打つことが大切といえるでしょう。