外壁塗装って自分ってできるの?

2021/05/01 スタッフブログ

外壁塗装を行う手段として自主的に施工する方法と、専門業者に依頼を行う方法に分けることができます。どちらを選択するのかは、住宅の規模や施工主の判断によって変わる場面があり、基本的には安全面と効率を考慮することが必要です。この記事では施工方法や用意できる道具などを知るための判断材料としてまとめています。

自分でできるのはどこまで?

外壁塗装を行うことを希望している方の中には、自分で施工することを考えている方も存在しています。実際にホームセンターなどでは塗装を行うために必要とされている道具類などが販売されていて、ある程度の範囲であれば塗装を自主的に行うことは可能です。
どの範囲まで施工できるのかは、当事者の判断によっても大きく変わる一面を持っていますが、例えば平屋住宅の場合では外壁の高さがあまり高くはない状態なので、一般的な脚立で施工することもできます。
肝心なこととしては足場の設定にあり、背の届く範囲で安全に施工することができる状態を作り出すことによって、自分でもできる範囲が広がることになります。
施工前には洗浄を行うことも必要になるために、足場を確保した状態で高圧洗浄機などを利用して下地を整えることも塗装には大切な要素となっています。

塗料って普通の人でも買えるの?

外壁塗装に利用するような塗料に関しては、専門業者に依頼をする方法では簡単に入手することができます。高機能な塗料も開発されており、例えば断熱塗料なども注目されています。
普通の人が自主的に外壁塗装を施すことを考えたならば、塗料の購入先を探すことになります。この方法では大型のホームセンターなどに足を運んだ場合では、外壁用の塗料としていくつかの種類のものが販売されており、十分に活用することができます。
具体的には油性のアクリル塗料やウレタン塗料、シリコン塗料などは比較的簡単に入手することができ、多くのホームセンターで実際に販売されています。
カラーの選択も大切な要素になり、同時に外壁の種類や状態次第では下塗り用の塗料と養生のためのテープやシートを購入することも良い方法です。

どこからは業者に依頼をするべき?

自主的に外壁塗装を行うか、専門業者に依頼するのかで迷ってしまうこともあります。このケースでは施工面積や塗料を塗る高さなどを事前に把握することによって、基準というものを知ることもできます。
一般的にはプロに仕事を頼んだ場合では、住宅周りに足場を設置する方法になるために、例えば3階建ての住宅であっても十分に対応することができます。
その一方で自主的に施工することを考えた場合では、通常では一般的な2階建て住宅の高さが限度と言うこともできます。この点に関しては安全性を考慮することが何より大切になるために、住宅の規模を見て判断することが良い方法です。
高さの低い住宅であっても、塗装を施す面積が広い場合では、エアスプレーなどを利用して一気に塗装を行う専門業者に依頼をすることで早期に解決することができます。