東京の家に住むのであれば、遮熱塗料が最適な理由とは何なのか

2017/08/30
logo
東京都は、日本で一番人口が多い街です。多くの家が密集しているエリアが多いため、風通しも悪くなります。だから、家一つ一つが熱を持ちやすく、屋内も気温が上がりやすくなります。エアコンは必須ですが、付けっぱなしにしたら電気代がばかになりません。そこで活躍してくれるのが、遮熱塗料です。
外壁塗装を行う時に、遮熱塗料を利用してもらうことで、快適な気温を保つことができます。屋根や外壁、屋上、ベランダなどに塗装するだけで、夏場の室内温度を下げ、エアコンの節約に役立ちます。だから最近ではエコ塗料とも呼ばれております。仕組みは、太陽光が熱エネルギーに変わる前に、塗膜部分その分を反射して、熱が室内に伝わるのを防ぐのです。実際に、遮熱塗料を利用した場合、真夏であれば屋根の表面温度が15~25℃低減され、体感温度では1~3℃も低くなります。
東京に住む人にとってエアコンの電気代は悩みの種となります。そこで、家の外壁などに利用する塗料を変えることで、少しでも節電をしてみてはいかがでしょうか。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社 田切塗装
http://tagiritosou.com/
〒332-0004
埼玉県川口市領家4-5-31
TEL:0120-125-370
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇